寒川神社(神奈川県)

寒川神社(神奈川県)




 運気アップ: 厄除け
 住所:神奈川県高座郡寒川町宮山3916
 交通: 寒川神社は神奈川県の相模川のそば、厚木と茅ケ崎の間に位置しています。
     最寄り駅はJR相模線の「宮山」駅
 御祭神:寒川比古命、寒川比女命



寒川神社は、春分・秋分・夏至・冬至のいずれの時期にも必ず太陽が神社の真上を通るように建てられたと言われていて、八方除けを主に取り扱っている神社です。
八方除けとは、地相、家相、方位、日柄等からくるすべての悪事災難を祓い除く御祈願のこと。この八方除けや商売繁盛などを願い、関東一円から人が集まる場所です。1500年あまりもの歴史があり、源頼朝や武田信玄などの武将の信仰も厚かったとか。相模国一之宮とも称され、霊験あらたかな神社として知られています。

私もずっと行きたいと思いつつ、先延ばしにしていたのですが、湯河原に別荘を持っている友人宅を訪れる際、イベントとして寒川神社訪問をスケジュールに組み込みました。

寒川神社


寒川神社の御祭神は、寒川比古命(さむかわひこのみこと)、寒川比女命(さむかわひめのみこと)
で寒川大明神と奉称しているそうです。
私達が訪れた日も、本殿では、ちょうど八方除けの神事が行われていました。

寒川神社   寒川神社

寒川神社         寒川神社


狛犬に礼をして、本殿に向かい、私達がいつも通り2礼2拍をした時ちょうど神事が始まりました。

寒川神社


私たちも自分のこれから歩いていく道に、障害がないようにとお願いしながらお参りをしました。そのまま神事が終わるまで滞在し、そのエネルギーをいただきました。非常によいタイミングで参拝できたことに感謝しています。

寒川神社の本殿を覗いてみると、三種の神器の鏡が置かれていました。驚いたのはその鏡の大きさ。今まで色々な神社に行きましたが私はこれほど大きな鏡は見たことがありません。
写真がないのでお見せできませんが、本体に近づくと、宮司さまの背を超える高さでした。圧巻の大きさです。大きさだけでなく、古いエネルギーをひしひしと感じるパワーも漂っています。さすが由緒のある神社だな、と納得したのを覚えています。

寒川神社の奥には、神嶽山という場所があります。神苑として整備され、日本庭園を楽しむことができます。

寒川神社


ただし、この神嶽山に入るには条件があります。各種御祈願の申し込みをし、八方除けをした方のみ入場可能なのです。私達は申し込みをしていなかったため、最初は入場を断られてしまったのですが、友人の一人が、以前、寒川神社に訪れた際、年末年始の混雑で境内に入ることすらできなかった話をしたら、それだったら、と神社の方が入場を許してくれたのです。それも友人だけでなく、私達まで。優しい御対応、本当に有難うございます。

寒川神社

寒川神社

寒川神社


中に入ると本当に雅やか。池には滝が流れ、とても趣のある日本庭園でした。
寒川は水の神様と言われた場所であり、この神苑は神社の中で一番の聖地。本殿とはまた違った静かなエネルギーを感じました。

寒川神社



居心地がとてもよく、私たちはお茶菓子をいただきながら二時間も長居してしまいました。
そして、最後にこの方徳資料館へ。

寒川神社


資料館には加藤様とおっしゃる方が待機しており、丁寧に展示品の話をしてくださいました。
話に感銘を受けて、私は本を数冊購入。とても有意義な時間でした。

寒川神社       寒川神社      

寒川神社   寒川神社


私は、数多くの神社巡りをしていますが、この寒川神社は実に素晴らしいと思います。
この土地が醸し出すエネルギーはもちろんですが、外観も美しい。入り口から出口までゴミひとつなく、整理整頓されています。

寒川神社

寒川神社


何よりも、それぞれの場所を担当している方が完璧に自分の仕事をこなしている。
それを見て、私も自分の生き方や身だしなみをしっかり整えていかなくてはと、改めて感じさせられた神社でした。
これからは、少なくとも年に2回ほどは通わせていただきたいなと思います。
寒川神社でもらったエネルギーで運気アップしてこれからも頑張っていこうと思います。


2012.08.16         


伊豆山神社~白山神社(神奈川県)

伊豆山神社~白山神社(神奈川県)




 運気アップ:恋愛運
 住所:熱海市伊豆山上野地708番地1
 交通:JR熱海駅から伊豆山神社までバス(伊豆山神社行、又は七尾行)で約7分
 御祭神:正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊、拷幡千千姫尊、瓊瓊杵尊



私が伊豆山神社を訪れたのは、2012年の2月になります。
旅好きな私は、熱海や伊豆高原はよく行く地域。
今回はその熱海から近場のパワースポットへ行ってみようと足を伸ばしたのです。

伊豆の山中にある神社は、緑豊かで相模湾も望める景勝地としても知られています。
役小角など多くの修験者が修行を積んだ霊場でもあります。

伊豆山神社


また、この伊豆山神社は縁結びの神様として有名です。
恋が実るという御利益を求めて通う女性も多いのだとか。
私も、実際に神社に入って強い気を感じ、確かに恋を実らせるには最高の神社だと思いました。

この神社には、大恋愛の末に結ばれた源頼朝と北条昌子の逸話が残っています。

家族の反対を押し切り、自分を選んだ北条昌子に源頼朝は、愛の誓いとして梛(ナギ)の葉を渡しました。この梛の葉は、表裏がない変わった葉で、この葉を渡すことで裏表がない真実の愛を捧げることを示したのです。

これがその逸話にちなんで作られたお守りです。男ヤナギと女ヤナギの2枚から成り立っています。

伊豆山神社


北条昌子は源頼朝が出馬する度に、自分の化粧台の裏にこのナギの葉を貼り、彼の無事を祈ったのだそうです。伊豆山が縁結びの山だと言われているのもこの源頼朝と北条昌子の逸話があるからでしょう。

このお守りは伊豆山神社の木から取ったもので、神社内で売られています。
もしこのお守りを買われるのなら、汚さないように神棚に飾るなり、好きな人から貰ったプレゼントのところに置くなりして、自分の大切な場所へ保管してくださいね。

伊豆山神社の末社となる白山神社もパワースポットとして有名です。
伊豆山神社よりさらに登ることになりますので、ハイキングのように体力が必要です。
しっかりとした靴を履かれて行ったほうがよいでしょう。
私も息を切らしながら、白山神社に到着です。

伊豆山神社


見た目は小さな神社なのですが、私はこの神社の白い鳥居をくぐった時、何か霊的なもの、どちらかというとマイナスイオンのようなエネルギーを感じました。
ちょっとドキっとするようなエネルギーでした。森林の中に修行者が居そうなエネルギー溢れる聖地。
中途半端な気持ちでは入れないようなエネルギーを感じます。自分自身がしっかりとお参りに来ましたと言う気持ちがないとここには入れない、そんな印象を私は受けました。

さらに登り、祖霊社を目指します。

伊豆山神社   伊豆山神社


祖霊社というのは先祖の御魂を祀るものです。
ここには先祖供養の為にお参りをするといいでしょう。

頂上まで上り詰めるとようやく本殿が見えてきて、手酌水のところには紅白の龍が待ちうけています。

伊豆山神社


こんなに綺麗な手酌水は久しぶりに見ました。
この本殿からはオレンジと黄色のオーラを感じました。
オレンジと黄色というのは希望とか勇気を表します。

一方、白山神社は薄紫のエネルギー。
それぞれの場所でオーラの色とエネルギーが違う不思議な神社でした。


2012.04.12